各務原市立中央図書館

住所:〒504-0911 各務原市那加門前町3丁目1-3
TEL:058-383-1122 FAX:058-371-1145

 
  • サイトマップ
  • よくある質問
 

サイト内検索

 
トップページ > お知らせ 

お知らせ

 
お知らせ >> 記事詳細

2022/01/01

図書コンシェルジュ1月号

| by システム担当者
 「図書コンシェルジュ」は、毎月、図書館職員がおすすめの本を紹介するコーナーです。
《一般書文学》、《一般書》、《児童書》、《絵本》から1冊ずつ紹介しますので、ぜひ皆さんも読んでみてください!貸出中の時は、予約ができます。


《一般書文学》
    
 『産まれてすぐピエロと呼ばれた息子』 
   
  ピエロの母/著 ベストセラーズ

 「道化師様魚鱗癬(どうけしようぎょりんせん)」。
50~100万人に1人の割合で生まれてくると言われる皮膚の難病をもって生まれた長男“陽くん”とその両親が病気に立ち向かっていく様子がまとめられた作品です。
 出産後、生まれたばかりの我が子の全身の皮膚が魚の鱗のように剥がれ、まるで“ピエロ”が着る道化服をまとっているような姿から衝撃を受けた母親の心境や、育児の際の様々な苦労。そして周囲の人の目を気にしながら外出もままならない日常などが描かれ、「少しでも多くの人に、この難病を知ってもらいたい」という思いから綴られた感動の一冊となっています。
  
 (対象 一般)

《一般書》
      
 『樹木希林さんからの手紙 人生上出来!と、こらえて歩こう』

  NHK「クローズアップ現代+」+「知るしん」制作班/著 主婦の友社

 毛筆で、枠に収まらない、大きく整った字で書かれた手紙。読むと目の前で樹木希林さんが話をしているような、そんな感覚になります。飾らない、自分をさらけだした、その言葉ひとつひとつが、不思議とほっと安心します。人間は完璧ではない。今のままの自分でいいのではないかと思えてきます。樹木希林さんが、映画や番組を通して知り合った人々と、手紙や実際に会ってどのようなやりとりをしてきたのか。どのやりとりも心が温まります。手紙にはところどころ本人の似顔絵もついています。かわいらしいおばあちゃんの希林さんから、明るく生きる、人を大切にして生きる、そんな生き方のいろいろを教わる一冊です。


  (対象 一般)

《児童書》
      

 『ワンダー』
  R.J.パラシオ/作 中井 はるの/訳 ほるぷ出版

 クラスの中に、ちょっと見た目が変わった子がいたらどう思いますか?オーガストは生まれつきの病気のため、顔が「ふつう」じゃありません。でも、それ以外は「ふつう」の男の子です。
 10歳から初めて学校に通うことになったオーガスト。その見た目から、生徒たちにじろじろ見られたり、避けられたり・・・。その一方で、オーガストのことを面白いと思う生徒もでてきます。物語は、オーガストをとりまく登場人物それぞれの目線から描かれています。
 障がい、ルッキズム、友情、家族・・・様々なテーマが詰まっています。読み終えた後、あなたの心に残るものは何でしょうか。

 (対象 小学高学年から)

《絵本》
     

 『ウェン王子とトラ』
 チェン・ジャンホン/作・絵 平岡 敦/訳 徳間書店

 深い森の奥で悲しそうな声をあげている母トラ。子どもたちを猟師に殺された母トラは、憎しみのあまり夜ごとに村を襲うようになりました。村の惨劇の知らせを聞いた王はトラ退治を国の占い師に尋ねます。占い師の予言は「王子をトラに差し出せば国に平穏が訪れる」と。王と王妃は国を守るため幼い王子を森の奥におきざりにします。
 人間を憎しみながらも小さき弱きものを愛するトラと、勇敢で心優しい王子。人と獣の世界を結ぶ存在へと成長する王子ウェンの姿に心を揺さぶられます。愛というものを感じずにはいられないこのお話は、2005年ドイツ児童図書賞を受賞しており、水墨画の技法で描かれた絵がこの物語をいっそう盛り立てています。

 (対象 小学低学年から)

<バックナンバー>
★令和3年1月号.pdf
★令和3年2月号.pdf
★令和3年3月号.pdf
★令和3年4月号.pdf
★令和3年5月号.pdf
★令和3年6月号.pdf
★令和3年7月号.pdf
★令和3年8月号.pdf
★令和3年9月号.pdf
★令和3年10月号.pdf
★令和3年11月号.pdf
★令和3年12月号.pdf


10:00

図書館のカレンダー

 

日付の下に■がある日は休館日です